Club activities topics

部活動トピックス

2024.7.11

硬式野球部出陣式


7月11日(木)、本校にて、硬式野球部出陣式を行いました。
式の前に、春の甲子園で披露した応援の「あまちゃん」・「第ゼロ感」の練習を行いました。
2,3年生は、体で覚えていました。今回、1年生が初めての練習でしたが、上級生や野球部が引っ張ってくれましたので、覚えるのが速く感じました。これで、全校で応援ができるようになりました。
式では、長谷川監督のチーム紹介から始まり、校長の激励の言葉、鈴木主将の決意の言葉がありました。
さあ、いよいよです。
本校は、7月14日(日)8:45より登場です。
応援、よろしくお願いいたします。




2024.7.11

全国大会必勝祈願!


7月10日(水)、全国大会出場者、チームが、豊川閣へ必勝祈願に行ってきました。
参加部活動は、陸上競技部、女子駅伝部、女子ソフトテニス部、女子サッカー部、写真部、チアリーディング部、ダンス部の7団体で、77名の参加でした。
まず最初に、豊川閣妙厳寺の住職であり、本学園理事長であられる、福山先生より、激励のお言葉をいただきました。
その後は、本殿でご祈祷をいただき、精進料理を会食しました。
今回を通して、生徒達は、来るべき全国大会に向けて、モチベーション向上につながったかと感じました。




2024.7.11

男子ソフトボール部
「第48回愛知県高等学校男子ソフトボール選手権大会」優勝!


7月6日(土)・7日(日)愛知県口論義運動公園にて行われた「第48回愛知県高等学校男子ソフトボール選手権大会」。
4大会連続11回目の優勝!

・2回戦 対 刈谷工科  12対0(4回コールド)
・準決勝 対 中部大第一  7対1
・決勝  対 科技高豊田  8対0(5回コールド)

この結果を受け、8月2日から豊川市を舞台に開催される「第68回中日本総合選手権大会」への出場権を獲得することができました。

5月の愛知県総体敗退から約50日。
3年生の悔しい思いを受け継いだ新チームは「同じ思いは絶対にしない。」を合言葉に、今まで以上の努力を重ねて来ています。

5年ぶりに出場する「中日本総合選手権大会」では、地元・豊川の地で躍動する姿をお見せします!


今後とも応援の程、宜しくお願い致します。




2024.7.11

写真部
CAPA フォトコンテストに入賞!


竹野陽向子さん(一宮中)がCAPA7月号月例フォトコンテストにて入選を獲得しました。
「桜流し」という秀逸なタイトルで、散りゆく桜を3枚の写真で感傷的に表したことが評価されました。

https://getnavi.jp/capa/special/464851/



https://photo-summit.jimdofree.com/



※7/14(日)まで桜丘ミュージアムにてフォトサミットが開催中です。本校から徒歩5分。ご高覧ください。


2024.7.10

探究部
活動報告!


探究部では、社会課題の探究活動として、後継者不足が問題視されている豊川市の手筒花火について、実際に手筒花火の作成現場に訪問させて頂きました。
お祭り青年団の方々から、手筒花火の作成手順や手筒花火にかける思いなどについて色々お話を伺いました。




2024.7.2

チアリーディング部
JAPANCUP2024チアリーディング日本選手権大会出場決定!


6月30日(日)、第29回中部チアリーディング選手権大会がポートメッセ名古屋で行われました。高等学校の部自由演技競技DIVISION1に出場し、総合7位になり、8月29日(木)~9月1日(日)に行われるJAPANCUP2024チアリーディング日本選手権大会出場を決めました。
チアリーディングはタイムを競ったり、1対1で競い合い戦うスポーツとは異なり、「いかに観客を魅了し、引き付けることができるかどうか」を競う「表現スポーツ」です。応援から始まった特色を生かし、チア・サイドラインといった掛け声やアームモーション、特殊なジャンプ、組体操技術であるパートナースタンツやピラミッドなど、チアリーディング特有の技術を使って演技を構成し、元気の良さや楽しさ、美しさを表現します。競技大会においての採点基準は、元気さ、笑顔、技の正確性、完成度、難易度、連続性、スピード感・同調性など採点項目は細則に渡り、競技は定められたルールに沿って競われます。競技時間2分30秒の最後まで、持ち前のチームワークと極限の集中力を持続させながら100パーセントの演技を成し遂げようとする懸命な姿は、見るものに感動を与えます。『笑顔の真剣勝負』です。
 チーム名「TIARAS<ティアラーズ>」は、女性を美しく飾る「ティアラ」にちなんで、20年前、初代部員が付けました。どんな時でも自分たちがティアラのように輝き、学校や地域を元気づけるチームになりたいという意味が込められています。チームモットーである『素直に謙虚に元気よく』を大切に、常に挑戦者の気持ちを大切に全国大会に臨みます。応援宜しくお願いします。




2024.7.1

写真部
写真サミット開催!


東三河最大級の写真展写真サミット2024が開催されます。
高校写真部、ベテランカメラマン、プロカメラマンなど世代や分野を超えた総勢155人の作品が展示されます。
豊川高校写真部からは全国コンテスト入賞作品中心に10点が並びます。
本校から徒歩5分。是非ご高覧ください。

期間 7/9(火)〜14(日) 09:30〜17:00 (最終日は16:00迄)
会場 桜ヶ丘ミュージアム

HP
https://photo-summit.jimdofree.com/


 
インスタ
https://www.instagram.com/photo_summit2024/?igsh=MWRwYms2ZDFlN2M2cA%3D%3D


  
写真部HP
https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html




2024.7.1

硬式野球部
甲子園出場記念碑建立!


6月29日(土)、第54回明治神宮野球大会・第96回選抜高校野球大会の出場を記念して、石碑が建立され、その除幕式が行われました。
硬式野球部保護者の会である、宝珠会が出資して、この記念碑が建立されました。
奇しくも、愛知県大会の開幕日でもあった、この日。鈴木貫太主将は、「一戦必勝で再び甲子園の舞台に立てるよう、全員で同じ方向を向いて、頑張ります」と決意を述べました。




2024.6.27

陸上競技部
インターハイ8名出場!


6月14日(金)〜6月16日(日)の3日間にかけて行われた東海高校総体において、8名の選手がインターハイの出場権を獲得しました。
女子100mHに出場した三好澄果(2年)は決勝で自己ベストを更新、全国ランキング5位の選手を相手に堂々たる走りを見せ、見事優勝しました。
男子4×100mリレーでは、決勝に森下蒼(3年)、内藤翔真(2年)、木林悠翔(2年)、巻口周平(2年)のオーダー出場し、40.35という記録で優勝しました。この記録は全国ランキング7位になります。(2024年6月27日現在)
男子200mに出場した内藤翔真は2年生ながら3年生のハイレベルなレースに食らいつき、6位に入賞しました。
その他種目でも13名が活躍し、女子トラックの部総合では豊川高校陸上競技部史上初めて3位に入賞しました。




2024.6.24

女子サッカー部
このメンバーで全国へ〜3年越しのリベンジ〜


2024年5月19日から女子サッカー総合体育大会県予選が始まった。女子サッカー部は、無事に予選を通過し、東海大会への切符を掴み取った。東海大会参加校は、藤枝順心高校、帝京可児高校、三重高校、そして豊川の4校。このうち、2校が全国大会出場権を獲得する。東海大会は、2日で3試合戦わなくてはならないシチュエーションで、とても厳しい戦いだ。
 6月22日東海大会1戦目、帝京可児高校と対戦した。中々自分たちのペースを掴めず、苦しい戦いが続いた中、3年濵田優音がペナルティエリア内で相手のファウルをもらい、PKを得た。いつも通り落ち着いたキックを見せ、やっとのことで先制点を決めた。初戦ということで緊張もあり、中々チームの流れを持ってくることは出来なかったが、無事1対0で勝利した。
 そして6月23日東海大会2戦目、三重高校と対戦した。前半11分、自分たちの気の緩みから相手のフリーキックで先制点を決められた。そんな中、キャプテン今井詠子、副キャプテン武田悠愛を中心に声をかけ合い、得点を狙いに行った。しかし、シュートは打つものの、中々入らず、苦しい戦いが続いた。そして前半32分、3年濵田優音の頭逸らしから、3年美濃部瀬音が抜け出し、キーパーの上を通るようなふんわりとしたシュートで同点に追いついた。そして粘り強く攻め続け、大事なフリーキックのチャンスをもらった。キックに上手く合わせた2年渡辺愛未のボールを、3年美濃部瀬音が押し込み2点目を決めた。最後まで気を抜かず、見事2対1で勝利し、全国への切符を掴み取った。
 全国出場は決まっている中、東海1位を目標に、東海大会3戦目、藤枝順心高校と対戦した。1試合目、2試合目とはガラリとフォーメーションを変え、格上の藤枝順心へ勝つための戦術を、選手全員が表現しようと挑んだ。しかし、やはり藤枝順心は手強く、自分たちの苦手とするセットプレーで、2失点してしまう。0対2で前半を折り返し、気持ちや戦術を再確認し、むかえた後半。全員の強い気持ちで立て直し、相手ゴールに迫る場面も増えた。だが、チャンスをモノにできず疲労が出始めた頃、守備陣形が崩れ、相手に3失点目を許してしまう。そして0対3で負けに終わったが、格上にも通用する攻撃シーンの発見、セットプレーの見直しなど、前向きな課題が見え、次に繋がる良い試合となった。無事三試合を終え、東海大会は2位という結果に終わった。
 全国出場という結果をとることは、決して簡単だとは言えなかった。チームの心臓であるボランチを全うし、体を張り続けた加藤芽衣、中辻柚希。今大会6得点 チーム得点王のエース10番 濵田優音。今大会2得点 スピードが持ち味の11番 美濃部瀬音。持ち味のドリブルで相手を魅了し、強い気持ちで体を張ったMF服部寿音。苦しい時も声をかけ続け、チームのピンチを救ったGK松倉花月。声とプレーでチームを引っ張り、後ろから仲間を鼓舞し続けた今井詠子、武田悠愛。3年生を中心にチーム全員が、最後まで諦めず戦ったからこその結果だと言える。
 豊川高校女子サッカー部としては、2回目のインターハイ全国大会出場となる。
先輩が越えられなかった高い壁を超えるため、チーム目標である「全国一勝」を達成するためにも、今まで以上にチーム一丸となり、自分たちのサッカーを全国で発揮したい。一戦一戦全力で挑み、3年越しのリベンジを果たしたい。とのこと。
女子サッカー部の全国の舞台での活躍に、乞うご期待!



2024.6.20

硬式野球部
「引退試合」実施!


6月19日(水)、湖西運動公園野球場で、硬式野球部引退試合が行われました。
これまで試合機会に恵まれなかった選手を中心にオール3年生の布陣で臨みました。相手は、東三河の雄、豊橋中央高校でした。
途中、相互のコーチも出場し、盛り上げに一役買っていました。
試合は、3-8で敗れたものの、豊川と豊橋中央も互いに互いを応援し合い、気持ちの良い試合でした。
試合後には、長谷川監督より、試合に出る重圧の中で結果を残す意味と夏の大会に向けて、一層結束を固めて行こう!という言葉をもらいました。
夏の大会に向けて、もう一段階ギアを上げていきます。



2024.6.19

和太鼓部
3年生引退ステージ&30周年記念公演


6月16日(日)3年生引退ステージ&30周年記念公演が行われました。200名超の皆さんが足を運んでいただき、大盛況で終えることができました。ありがとうございました。
なお添付の写真は客席に忘れてあった水筒です。
お心当たりの方は豊川高校和太鼓部顧問林までご連絡ください。




2024.6.13

水泳部
愛知県高校総体東三河支部予選「男女総合優勝」!


男女ともに各全16種目全てで優勝をし、男子は42連覇、女子は9連覇を達成しました。
個人では男子23名39種目、女子は13名25種目、リレー補欠含め48名全員が6/15.16に豊橋アクアリーナにて行われる県大会への出場を決め、東海大会の出場をかけて全力を尽くします。




2024.6.4

東海総体壮行会ならびに再表彰!


【再表彰】
吹奏楽、男女バドミントン、男女水泳が再表彰を受けました。
教員司会からそれぞれの生徒たちの戦況報告があり、その後堂々とした態度で石田校長
先生から表彰を受けました。
【東海総体壮行会】
「男女ソフトテニス」、「女子バレー」、「男女剣道」、「男女駅伝」、「陸上競技」、「女子サッカー」が登壇し、全校あげて東海総体の壮行会が行われました。
生徒司会からは、「体調や天候などさまざまな条件での中、東海総体出場を決めたメンバー。特に陸上、駅伝は全国がかかる。みなさん応援をお願いします」と温かい言葉があり、石田校長先生からは、選手たち一人一人へ向けて「3年生では最後の大会になる人もいる。県代表、学校の代表として、素晴らしい結果を楽しみにしている」と熱い励ましのお話をいただきました。
各部キャプテン決意表明では、「感謝の思いを力に!」「最後まであきらめず」「気持ち
10割!」「力を出しきる」など、代表としての力強いメッセージが届きました。
最後は、全校生徒が一体となって、校歌や応援歌で会場を盛り上げ、選手たちへパワーを与えるとともに、吹奏楽部演奏の「あまちゃん」に合わせ、「いけいけ豊川!おせおせ豊川!」の応援で幕を閉じました。
代表選手の皆さん、がんばってください!




2024.6.4

女子サッカー部
県総体優勝!東海総体出場決定!


県総体では、準々決勝の安城学園高等学校戦は、初戦ということもあり,緊張感漂う序盤となった。前半17分に先制点が入ってから,自分たちのサッカーをすることができ,6対0で勝利した。
準決勝では,愛知啓成高校と戦い,3年生だけでなく1年生が点を取り,6対0で勝利を収めた。
6月1日に行われた決勝では,同朋高校相手にコーナーキックから先制点を決められ,チーム全体に焦りが見られた。だが,時間の経過により落ち着きを取り戻し,前半に1点を決め同点で前半を終えた。後半も果敢に相手ゴールを狙い,PKを決め,2対1での勝利で終えた。県総体優勝という結果は,何度もチームでミーティングを重ねたからである。チームスポーツは全員が戦略を共通認識し,実践していかなければチームはまとまらない。練習だけでなく,普段の生活においても声を掛け合いながら過ごしてきた。
東海総体は,2日間で3試合を勝ち抜かなければならない,厳しい戦いとなる。各県の優勝校が出場し,上位2位が全国総体出場の切符を手にする。私たち女子サッカー部は,3年ぶりの全国総体出場に向け,一戦一戦をチーム全員で全力で戦い,必ず全国出場を果たす。私たちのピッチでの躍動する姿を是非応援してください。



2024.6.4

写真部
CAPAフォトコンで2名が入賞!


CAPA6月号月例フォトコンテストで松尾勇輝君(青陵中)が2席を、高浜蓮君(金屋中)が入選を獲得しました。
松尾君の「ドライブ」は奥三河での山道で見かけた古い標識を独特な視点と色付けで切り取った作品です。
高浜君の「一心」は剣道の稽古中の様子をモノクロで表現しました。防具と竹刀を入れることで剣道という競技の精神性も伝わってくる作品です。

https://getnavi.jp/capa/special/462785/



https://getnavi.jp/capa/tag/students/




2024.5.29

探究部
活動報告!


先日の探究部の活動に豊川市議会の中村太治議員にお越し頂きました。中村議員も青年団として活動している手筒花火について、色々勉強させて頂きました。

約400年の歴史ある手筒花火が、後継者不足の問題に直面しています。東三河地方を中心に伝わる、神事である手筒花火をなくしてはならないという思いから、探究部としても何らか協力させて頂きたいと考えています。

2024.5.28

女子バドミントン部
県総体ダブルス3位 東海総合出場権獲得!


5月25日(土)パロマ瑞穂アリーナにて、愛知県高校総体バドミントン競技ダブルスが行われ、田中愛美(3年)・森眞子(2年)ペアが3位となりました。
初回戦から息の合うプレーで、3回戦の第6シードである市邨高校に快勝、その後、準々決勝では第3シードの岡崎城西高校3年生ペアを撃破。準決勝では、第2シードで昨年新人戦で負けている市邨高校に圧勝し、決勝戦へ進みました。
決勝で市邨高校に敗れ、3位決定戦で勝ち上がった安城学園と2位決定戦が行われました。
勝てばインターハイというチャンスを前に少し硬くなり、持ち味の攻撃が続かず敗退しましたが、この2人がとても楽しくプレーし、終始笑顔で戦え、本当に強さを見せてくれました。
感動をありがとう!!

これにより、森は1・2年生に出場権がある東海総合選手権高校生の部の出場権を獲得しました。

2024.5.28

女子剣道部
団体戦の部 東海総体出場決定!


5月25日(土)、枇杷島スポーツセンターにて、「第78回愛知県高等学校総合体育大会 剣道競技 団体戦の部」が行われました。
本大会は、各地区から勝ち抜いた28校によるトーナメント戦で行われ、女子が第3位に入賞し、東海総体出場を決めました。
チーム豊川で臨んだ県総体。各々が自分の役割を自覚し発揮した結果の勝利です。
東海総体でも、チーム豊川で臨んできます!

【選手紹介】
山本 真央(3年主将 蒲郡中部中出身)
齋藤 鈴々那(3年副主将  豊橋北部中出身)
岡山 果鈴(3年 豊橋二川中出身)
中村 維那(2年 豊川東部中出身)
山下 風香(2年 豊川南部中出身)
杉浦 和(2年 豊川金屋中出身)
山本 果穂(2年 豊橋南陽中出身)

2024.5.24

女子ソフトテニス部
創部初の全国総体出場決定!


5月18日(土)19日(日)に一宮市テニス場にて行われた愛知県高校総合体育大会において、個人戦の部で2ペアがベスト8入賞を果たし、創部初となる全国総体(インターハイ)出場を決めました。
また、団体戦においては第3位となり、東海総体出場を決めました。

 <個人戦>
  ベスト8 渡邊 璃海(2年 依佐美)・塩沢 四季(3年 豊川東部)ペア
  ベスト8 加藤 心菜(2年 依佐美)・星野 愛奈(2年 金屋)ペア
 
 <団体戦>
  1回戦  ③ー0 豊田北
  2回戦  ②ー0 東邦
  準々決勝 ②ー0 享栄
  準決勝  0ー② 岡崎城西

 <メンバー>
  渡邊 璃海(2年 依佐美)塩沢 四季(3年 豊川東部)
  加藤 心菜(2年 依佐美)星野 愛奈(2年 金屋)
  山田 紗綾(3年 田原) 大石 紗也奈(2年 幸田北部)
  長野 咲希(2年 一宮) 髙橋 葵 (2年 蒲郡)


2024.5.24

男子ソフトテニス部
愛知県高校総体団体第3位 東海総体出場決定!


5月19日(日)に一宮市テニス場で行われた愛知県高校総合体育大会団体戦において、第3位となり、東海総体出場を決めました。

 <対戦結果>
  1回戦   ③ー0 岡崎北
  2回戦   ②ー1 豊田西
  準々決勝  ②ー0 豊橋中央
  準決勝   0ー② 大同大学大同
 <団体メンバー>
   大島 優喜(2年 幸田) 山口 塁(3年 豊川東部)
   山田 莉久(3年 みよし北)山口 旭陽(3年 豊橋中部)
   横井 廉 (3年 一宮) 小林 蒼空(1年 城北)
   西村 優佑(3年 幸田北部)石川 喜一朗(2年 安城南)

2024.5.24

剣道部
東海総体 個人戦2名出場決定!




5月18日(土)、第78回愛知県高等学校総合体育大会剣道競技個人戦の部が、千種スポーツセンターにて開催されました。
各校4名が地区予選よりエントリーができ(男子531名、女子419名)、支部予選を勝ち抜いた48名によるトーナメント戦で県大会は行われました。
結果は、
男子 第3位 島広海(3年 蒲郡中出身)
女子 第5位 齋藤鈴々那(3年 豊橋北部中出身)
の2名が入賞し、東海総体の出場を決めました。

2024.5.13

写真部
フォトコンテストで3名が入賞!


CAPA5月号フォトコンテストで鈴木杏奈さん(東郷中)が3席を、森田彩乃さん(新城中)が入選を獲得しました。鈴木さんの「ひととき」は東山動物園で撮影。動物の寝顔にこだわった3枚組に仕上げました。森田さんの「いつもと同じ」は下校時の風景をハイコントラストモノクロで撮影したiphoneを使った縦4枚組です。
赤沼君の「蒼天を翔ける」は浜松基地航空祭でのブルーインパルスを捉えたものです。6月23日(日)まで愛知航空ミュージアムにて展示中です。


関連HP


https://getnavi.jp/capa/special/461506/






https://aichi-mof.com/news/2024/04/5-2113126.html




https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html




2024.4.30

登山部
第78回国民スポーツ大会出場決定!


4月27日(土)、28日(日)に安八スカイウォール、クライミングAIDPITで行われた「東海スポーツクライミングコンペ兼国民スポーツ大会愛知県予選会」にて、1年生の中田凱斗(豊橋北部中出身)さんが第2位となり、10月12日(土)~14日(月)佐賀県多久市で行われる「第78回国民スポーツ大会」の出場が決定しました。
おめでとうございます。


2024.4.30

女子ソフトボール部 
総体東三河支部予選会 優勝!


4月28日(日)に豊丘高校で行われた第78回愛知県総合体育大会東三河予選会にて、2年ぶりの優勝を果たしました。
3年生6人と下級生が主体のチームでありましたが、準決勝で2ー0で成章に善戦、決勝では19ー5で時習館・豊橋東・豊丘・豊橋商業の4校合同チームに勝利し、2年ぶりの優勝を決めることができました。
5月27日から始まる愛知県総体へのシード権を獲得し進出を決めることができました。
おめでとうございます。

2024.4.22

「第96回選抜高等学校野球大会応援団優秀賞表彰式」ならびに
「インターハイ出陣式」実施!


4月22日(月)に、「第96回選抜高等学校野球大会応援団優秀賞表彰式」ならびに「インターハイ出陣式」を開催いたしました。

応援団表彰では、毎日新聞の阿部様をお招きし優秀賞楯をいただきました。全校の取り組みが評価され、このような賞をいただけたことを大変うれしく思います。また、生徒・職員にとっても大きな自信となる賞であったと思います。
本校を支援してくださった地域の方々や卒業生など、応援してくださったすべての人に感謝し、今後も更なる飛躍を目指して精進してまいります。

インターハイ出陣式では、各部主将が登壇し今年度の意気込みを語ってくれました。どの部活動も負けられない熱い戦いが幕を開けます。本校の良さは運動部・文化部問わず熱心な部活動が多く、互いに刺激し切磋琢磨しながら高めあえるという点です。更に、甲子園で形成した新たな応援スタイルを各部で取り入れ、互いに応援しあえる「This is TOYOKAWA」を成し遂げ、多くの会場で「豊川旋風」を巻き起こすことができるように一生懸命頑張ります。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。




2024.4.22

「甲子園応援団解散式」


4月10日(水)に、「甲子園応援団解散式」を挙行いたしました。
3月1日からスタートした応援団ですが練習を重ねるたびに団結力が増し、甲子園では最高の応援を披露することができました。
結果として最優秀賞には届きませんでしたが、全校生徒での取り組みが評価されて獲得した優秀賞は本校の誇りとなりました。
これからも全校で一致団結し大きな成果を出せるように頑張ってまいります。
そして、「This is TOYOKAWA」を確立していきます。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

2024.4.19

水泳部
「4×50mフリーリレー」日本高校新記録樹立!


2024年4月13日に三重県鈴鹿水泳場にて行われた津田チャンピオンズカップで男子4×50mフリーリレーにおいて日本高校新記録を樹立しました。
4名が50m自由形を引き継いでいくリレー種目では最短のスプリント種目であり、短水路(25mプール)最古の日本高校記録の1分29秒87に挑戦しました。
全競技の最後に実施されており、選手は4レースや5レースを消化した後に満身創痍の状態でチャレンジし、1分29秒99で達成ならず。しかし大会規定のチャレンジレースに4名全員で再挑戦をしました。
1泳者の松山育(1-9)が抜群のスプリント力で22-70。2泳者の山田太陽(3-5)が大きく力強い泳ぎでぐいぐいスピードに乗り22秒32で3泳者の小島夢貴(1-10)へ。1日に多くのレースにチャレンジすることに慣れておらず疲労困憊であったが底力を見せ、22秒54で泳ぎアンカーへ。4泳者はチームの絶対的エースの西川我咲(3-5)。本業は比較的長い距離であるが専門外のスプリント種目で絶対に高校新記録を成し遂げるという気迫の泳ぎでチーム最速の22秒05。4名合計1分29秒61で従来の記録を0.26秒更新し見事日本高校新記録を達成しました。
新記録を樹立した選手の大健闘はもちろんであるが観客席から大声援を送ったチームメイト、正確なタイムを取り続けたマネージャーとチーム一丸となって達成した大記録となりました。
試合後には主催者から急遽セレモニーも行っていただきチーム豊川、主催者をはじめとした競技運営に携わっていただいた競技役員の方々、日頃からサポートをしてくださる保護者など多くの方々の支え、温かさを感じることができました。

今回の日本高校新記録でチームはいいスタートを切り、夏のインターハイに向けて突き進んでいきます。応援よろしくお願いいたします。



2024.4.3

書道部
「和プロジェクトTAISHI」参加


4月3日(水)、岡崎の真福寺様にて本校書道部が奉納揮毫イベントに参加しました。
聖徳太子が十七条憲法を制定した日とさるれ4月3日に和の精神(=循環、調和、寛容)に基づき全国の寺院で平和を祈るという趣旨のイベントです。
書道パフォーマンスと平和を願い、詩人高田敏子さんの「夕焼け」を奉納させていただきました。



2024.4.1

硬式野球部
甲子園応援団賞「優秀賞」受賞!


3月31日に行われた、第96回選抜高校野球大会の閉会式で、応援団賞の発表がありました。
本校の応援が、『優秀賞』を受賞しました✨
全32校の応援の中で、最優秀賞1校、優秀賞3校が選出されます。 一塁側アルプススタンドをえんじ色に染め、全校生徒、保護者、教職員だけでなく、地域の皆様も含む、オール豊川で臨んだ応援が評価されました。
厚く御礼申し上げます。
今後とも、本校をよろしくお願いいたします!

2024.3.29

演劇部 
春季公演(新入生歓迎公演)のご案内!


こんにちは!
演劇部より春季公演のご案内です。
来たる4月13日(土)午後2時、鳳翔閣(学校のホール)にて、豊川高校演劇部作『バレンタイン ラプソディー』を上演します。(入場無料 上演時間 約1時間 開場午後1時30分)
バレンタインデーを舞台にした、学園ラヴ、コメディーです。
詳しくは、下記資料(駐車場案内を含む)をご覧ください。
春の温かさを、演劇でも感じませんか?
みなさまのご来場を、部員一同、心よりお待ちしております。
なお、本校生徒、保護者以外の一般の方々につきましては、恐縮ですが、事前の申し込みになりますので、下記URLか、QRコードよりお申込みください。

https://forms.gle/61Ubne3wbtMpNrFY6


2024.3.19

第96回選抜高校野球大会(春の甲子園)


3/19(火)、甲子園球場にて、「第96回選抜高校野球大会(春の甲子園)」に出場しました。
阿南光高校と対戦し、4-11で敗れましたが、全校そして応援してくださった方々と心を一つにして応援できたことが、何よりも財産となりました。
硬式野球部の皆さん、お疲れ様でした。
そして、私たちをこの地に連れてきてくれて、ありがとうございました。
現地での応援、テレビでの応援と様々なところで本校を応援・支援してくださり、まことにありがとうございました。
今後とも、引き続き本校をよろしくお願いいたします。




2024.3.13

「全国大会壮行会ならびに再表彰」実施!


3月13日(水)に部活動再表彰と男子ソフトボール部の全国選抜・女子バレーボール部の全国私学の壮行会を実施いたしました。
再表彰では、ダンス部・女子サッカー部・陸上部の生徒が登壇し、新人戦や全国大会の表彰状を校長先生より授与していただきました。豊川高校では、文化部・運動部問わずに生徒が積極的に活動しており、素晴らしい結果を残してくれています。

【再表彰】
ダンス部:HIPHIOP男女混成部門Medium編成東海予選 1位
女子サッカー部:県新人戦 優勝
陸上部:U18日本選手権女子60mH 5位

壮行会では、男子ソフトボール部と女子バレーボール部を全校生徒で送り出しました。
男子ソフトボール部も女子バレーボール部も冬場の厳しいトレーニングなどを乗り越え、逞しく成長し全国大会での躍進に期待がもてます。
退場時にはNewスタイルの応援である「Vroad」を全校生徒で行い送り出しました。
部活動の壁を越えて「真の切磋琢磨」を目標にそれぞれの部活動が刺激を受け、互いに高めあっていけるのが豊川高校の良さです。
4月から始まる総体予選に向けて男子ソフトボール部の全国選抜・女子バレー部の全国私学・硬式野球部の甲子園が他部活の刺激となり、好結果が生まれる循環になってくれることを楽しみにしています。応援よろしくお願いいたします。

「壮行会」
男子ソフトボール部
第42回全国高等学校男子選抜大会
会場:山口県宇部市東部運動広場
日時:3月22日(金)~3月25日(月)

女子バレーボール部
第29回全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会
会場:神奈川県スカイアリーナ座間
日時:3月26日(火)~3月29日(金)

今後とも応援をよろしくお願いいたします。




2024.3.11

硬式野球部
甲子園出陣式


令和6年3月11日、本校鳳翔閣にて、「硬式野球部甲子園出陣式」が下記の流れで開催されました。

①選手紹介では、紹介動画に合わせて登場し、一人一人力強く、熱い決意表明をしてくれました。
②東日本大震災における黙祷を全校で行いました。
③長谷川監督挨拶では、「徳島 四国代表 阿南光高校の優秀なピッチャーを打ち崩し、みんなで校歌を歌いたい。みんなの応援、大声援で甲子園を豊川の雰囲気にしてほしい。」と述べられました。
④石田校長先生の激励の言葉では、「豊川が甲子園に戻ってきたと、全国から応援をもらっている。野球部のために、総力を挙げて応援する。」と述べられました。
⑤生徒会長の金澤駿汰さんの挨拶では、「全校で1つになって楽しみながらエールを送ります。最高の舞台で全力で楽しんでください。」と述べられました。
⑥千羽鶴贈呈では、生徒会、野球部保護者会より、1つでも多く勝ち進んでほしいという一人一人の思いのこもった鶴が鈴木主将に手渡された。
⑦応援歌では、選手、応援生徒、先生たちが肩を組んで大きな声で応援歌を歌われました。
⑧選手降壇では、全校応援Vroadの大声援の中を選手が退場。全校の甲子園へのモチベーションも上がり、大盛り上がりでした。

硬式野球部は、いよいよ明日、出発をします。
皆様の応援、宜しくお願い致します。







2024.3.11

写真部
キャパフォトコンで2名が入賞


写真誌CAPA月例フォトコンテストで浦野愛理さん(新城中)と高浜蓮君(金屋中)が入選を獲得しました。
浦野さんの「熱視線」はインターハイ王者、下田隼人くんが体育大会で疾走する姿と、見つめる生徒たちの表情を写しました。
高浜君の「もーいいかい?」は公園で部員同士、ふざけ合った様子を4枚組にまとめました。両作品とも構図とシャッターチャンスを的確に捉えたことが評価されました。


https://getnavi.jp/capa/special/457013/





https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html







2024.2.29

写真部
「笑顔フォトコンテスト」で3名が入賞!


愛媛県と河原学園が主催する「愛顔(えがお)感動物語 写真の部」において赤沼奏空君(吉田方中)が応募総数5133点の中から上位3作品に贈られる河原学園賞を受賞しました。
赤沼君の『あなたを癒し隊』は災害派遣などでいつも日本を守ってくださる自衛隊員が、柴犬の変顔に微笑むシーンを捉えました。
表彰式は愛媛県で行われ、愛媛県知事をはじめ、俳優のイッセー尾形さん、紺野美沙子、水樹奈々さんが登壇されました。

また同フォコンテストでは親子の肩車の様子を撮った安藤野々花さん(豊川東部中)が愛媛県IT推進協会賞を、鉄砲隊の女性と柴犬を撮った竹野陽向子さん(一宮中)が愛媛県獣医師会賞を受賞しました。

https://www.youtube.com/watch?v=4y_dr1DkB0c


赤沼君の作品紹介は48分20秒から、表彰式は56分40秒から閲覧できます。




2024.2.21

硬式野球部
「選抜旗授与式」実施!


令和6年2月20日(火)本校鳳翔閣にて、「選抜旗授与式」が行われました。
「選抜旗」が「中部代表」様から「校長」へ手渡され、さらに「校長」から「主将」へ手渡されました。
祝辞や謝辞のあと、監督よりベンチ入りするメンバー20名が発表されました。
夢の舞台が一日一日と近づいてきております。
皆さんのご声援とご支援をよろしくお願いいたします。




2024.2.8

硬式野球部 春の甲子園出場!! 
第96回選抜高等学校野球大会
募金のお願い


昨年第76回秋季東海大会で初優勝し、先日1月26日(金)のセンバツ甲子園選考委員会で、春のセンバツ甲子園東海代表に選抜され、第96回選抜高等学校野球大会へ出場することとなりました。これは、2014年の甲子園出場から10年ぶり2度目の快挙となります。
 つきましては、選手たちの出場経費や応援生徒の移動費用、その他活動資金として多額の経費が必要となりますので、広く皆様にご芳志をお願いしたく存じます。
 昨今の大変厳しい経済状況の折り誠に恐縮ではございますが、何卒趣旨をご理解いただき、皆様方の絶大なるご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2024.2.6

男子サッカー部
真の日本一への拠点完成!


2月6日(火)、男子サッカー部寮の竣工式が、福山憲隆理事長を導師として厳かに行われました。
この男子サッカー部寮は、創立100周年記念事業の一環として建てられました。
寮長を務める北﨑桜大くんは、専用寮の完成への感謝と喜びを伝えるとともに、「学校生活、寮生活、サッカーのすべてで全校の模範になるよう頑張ります。そして、この寮を拠点に、真の日本一を目指します。」と力強く語ってくれました。


2024.2.1

女子バスケットボール部
ボランティア活動の様子


12月23日(土)御津生涯学習センターにて「御津すまいる食堂」が開催され、本校女子バスケットボール部員がボランティアスタッフとして参加しました。
詳細は添付写真の「御津すまいる食堂NEWS」をご覧ください。

2024.2.1

「生徒会執行部」と「部活動主務」
「能登半島地震募金活動」実施!


1月29日(月)・1月30日(火)の2日間で生徒会執行部の生徒と各部部活動主務がタッグを組み、募金活動を実施しました。
1月1日に発生した能登半島地震では、現在も多くの方が避難生活を余儀なくされています。被災地で苦しんでいる方々へ「高校生でもできることは何かないか」と真剣に考え、生徒会執行部と部活動主務が被災地に向けて募金活動を行うこととなりました。生徒たちの真剣な姿勢や募金を促す声は多くの人々に届き、2日間で77840円の募金を集めることができました。この活動を通じて、あらためて人々の優しさや地域貢献活動の素晴らしさを生徒たちも感じ取ることができたと思います。
ご協力下さった地域の方々本当にありがとうございました。
ここで集まった募金は現地のニーズを調査の上、被災地域での食料、水、医薬品、衛生用品、避難所などの緊急支援に使用されます。
多くの方々の助けになることを願うとともに、1日でも早く復興が進むことを祈っています。




2024.1.26

硬式野球部
「第96回選抜高校野球大会(春の甲子園)」出場決定!


1月26日(金)15時30分から配信の選抜高校野球選考委員会により、第96回春のセンバツ甲子園東海地区代表として、本校硬式野球部が選出されました。
2014年以来10年ぶり2度目の出場となります。
組み合わせ抽選会は、3月8日に行われます。
今後の情報は、随時HPで配信していきます。
なお、募金や応援バスなどについては、準備出来次第HPでお知らせします。
皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

2024.1.24

探究部、Ⅱ、Ⅲ類
各々の活動が週刊誌「週刊教育資料」に紹介される!


昨年末、本校にて大学入学共通テスト「情報Ⅰ」の集中講義を行って下さった、株式会社プロキッズ代表取締役社長の原正幸氏の記事が、「週刊教育資料」に掲載され、その中で、本校の紹介がされています。下記URLからご覧頂ければ幸いです。

探究部は、プロキッズさんのお力を借りながら、現在行っているプログラミング活動について、楽しみながら共通テスト対策にもつながる活動にしていきたいと考えております。



https://drive.google.com/file/d/19zwwILwy3QlNjGdLa1Y37oQUGvDr0Qmw/view

2024.1.22

写真部
CAPAフォトコンテストで最優秀賞!


写真部の安藤野々花さん(豊川東部中)がCAPA2月号月例フォトコンテストで最優秀賞に相当する1席を獲得しました。
作品「独」は知り合いの女の子の強い眼差しを、重厚なモノクロームで表現しました。
また片桐歩乃美さん(東郷中)の「団らん」は入選を獲得。
親戚の集まりで、赤ちゃんを中心に広がる構図が評価されました。

関連URL

https://getnavi.jp/capa/tag/students/




https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html








2024.1.22

和太鼓部
「JAアグリフェスタ」に出演!


1月20日(土)JAアグリフェスタに出演させていただきました。

新鮮な農産物や地元名産品のお店が立ち並び、また、子どもから大人まで楽しめるワークショップのコーナーがたくさんありました。
野菜、果物、畜産、木工・・・、
自然にいっぱい触れられる催しでした。

小雨が降るあいにくの天候でしたが、各テントの前には長蛇の列ができ、終日大勢の人で賑わっていました。

出演させていただき、ありがとうございました。




2024.1.15

和太鼓部
「第34回子ども陣太鼓発表会」に出演!


1月14日(日)第34回子ども陣太鼓発表会に、出演させていただきました。

主催は「長篠陣太鼓保存会」です。
太鼓を通じて子ども達に自信・自立・連帯・郷土愛を学んでほしい、さらに、郷土芸能の伝承者を作りたいとの思いで発表会を継続されています。

新城地区で活動する小学生から大人までのさまざまな和太鼓チームが参加されました。
「元気!夢太鼓」「山吉田子ども陣太鼓」
「紅太鼓」「黄柳野高校和太鼓部」
「鳳来中部・東陽子ども陣太鼓」
「妙音傳」「八名っ鼓クラブ」
「長篠陣太鼓中学部」
華やかなステージ発表が繰り広げられました。
他団体の方々と交流でき、貴重な体験ができました。
ありがとうございました。




2024.1.10

インターアクトクラブ
募金活動が新聞に掲載!


1月9日に実施した能登半島地震の募金活動の際、インターアクトクラブが東愛知新聞の取材を受け、本日掲載されました。

2024.1.9

インターアクトクラブ
「能登半島地震募金活動」実施!


インターアクトクラブが1月9日(火)の午後まだまだ参拝客の多い豊川稲荷総門前で能登半島地震の被災者に対する募金活動を実施しました。
インターアクトクラブは平常時より奉仕活動を中心に行っており、今回部員の発案で募金活動を実施しました。
また、普段よりお世話になっている豊川ロータリークラブの会員の皆様や生徒会の有志にも協力していただくことができました。
今回集まった募金総額408,787円は中日新聞社会事業団を通して被災地に送られる予定です。
ご協力ありがとうございました。


2023.12.28

インターアクトクラブ
「使われていない文房具を回収し文房具が手に入りづらい国に贈る活動」実施!


私たちインターアクトクラブは、豊川ロータリークラブのご支援のもと奉仕活動、国際交流を中心に行っている部活動です。今回、部員の発案で使われていない文房具を回収し文房具が手に入りづらい国に贈る活動を行いました。全校生徒、保護者、教職員、豊川ロータリークラブに呼びかけ、別紙の通り計4,427品もの文房具を回収することができました。この文房具は「NPO法人時遊人」を通して東南アジア方面の子どもたちに贈られる予定です。ご協力誠にありがとうございました。
インターアクトクラブ顧問 小栗慎平
部員一同


2023.12.28

写真部 
CAPAに2名が入賞


CAPA 2024年1月号フォトコンテストにおいて、赤沼奏空君(吉田方中)が3席を、鈴木杏奈さん(東郷中)が入選を獲得しました。
赤沼君の「手筒奉納」はどこか別の惑星にいるようなドラマチックな瞬間を捉えた4枚組写真が評価されました。鈴木さんの「陶酔」はオープンスクールでの和太鼓部の演奏をスローシャッターで表現しました。
また、全国自動車大学校・整備専門学校協会主催のJAMCA PRIZE2023 フォトコンテストで安藤野々花さん(豊川東部中)の「2人1歩」は体育大会での二人三脚の楽しそうな姿を写し、入選しました。

関連URL

https://getnavi.jp/capa/special/452152/





http://photo-con.jp/ph_student.html





https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html




2023.12.25

硬式野球部
株式会社ティムスより木製バット8本の寄贈!


12月22日(金)、株式会社ティムスより硬式野球部に木製バット8本の寄贈がありました。ティムスの林太朗様(写真左から2人目)は本校卒業生であり、長谷川監督とともに白球を追いかけた野球部OBでもあります。
バットが低反発バットに代わるのを機に、練習に木製バットを取り入れ、芯で捉える感覚を磨いていきます。
鈴木貫太主将は「このバットで感覚を磨き、春に結果を出せるよう練習に励みます」と決意を伝えました。

2023.12.19

部活動「再表彰・壮行会」!


12月19日(火)に再表彰・壮行会を実施いたしました。
再表彰では、県大会から全国大会までの入賞選手・チームの表彰を行いました。
運動部・文化部問わず、多くの部活動が盛んに活動し、成果を上げてくれています。全ての部活動が切磋琢磨し互いに高めあっていけるのが本校の部活動です。

壮行会では、全国高校駅伝大会の壮行会を行いました。4年ぶりに男女アベック出場を果たした本校駅伝部の活躍が楽しみです。
全校生徒で校歌を歌い、送り出しました。
12月24日(日)京都の舞台で走る選手たちの応援をよろしくお願いいたします。




2023.12.19

硬式野球部
「おかしん寄付・寄贈型私募債」贈呈式!


このたび、東海ワークス株式会社代表取締役廣田篤様より岡崎信用金庫「おかしん寄付・寄贈型私募債」を活用し、新基準の低反発バットとグラウンド用黒土をご寄贈いただきました。先日12月13日(水)昼休みに、その贈呈式が行われました。
廣田様は、1986年度本校硬式野球部の卒業生であり、常に本校野球部を応援をしてくださっています。廣田様から「会社がいつも順調だったわけでなく、苦労もしてきました。その苦労を乗り越えられたのは、豊川高校硬式野球部での経験があったからです。だから、いつか母校に恩返ししたいと考えていました。今回、このような機会をいただけて、とてもうれしく思っています」とおっしゃってくださいました。
大先輩の言葉に鈴木寛太主将は、「感謝の気持ちを忘れず、結果で恩返しができるよう、これからも頑張ります」と力強く述べました。




2023.12.13

写真部  
「働く姿」フォトコンテストで入賞


求人広告大手の(株)アイデムが主催する第18回写真コンテスト「はたらくすがた」の表彰式がホテルニューオータニで行われました。当コンテストは全国各地から8552点の応募があった大規模なもので、本校の鈴木こころさん(豊川西部)と西牧青唯さん(豊川東部)が佳作を獲得しました。
鈴木さんの「あなたとともに」はバードショーのスタッフを、西牧さんの「働き者の母」は農作業をする母親の姿を捉えたものです。西牧さんは昨年に続く2度目の入賞です。

また豊川高校写真部は団体奨励賞を受賞しました。2度のグランプリを含む4回連続、延べ7名が入賞した実績と、学校を挙げた取り組みが評価されました。

https://www.aidem.co.jp/csr/photocontest/award/hs-list.html

入賞作品は以下で展示されます。

東京会場
とき:2023年12月12日(火)~24日(月) 10:00~19:00
ところ:朝日新聞東京本社

名古屋会場
とき:2024年2月20日(火)~25日(日)
ところ:名古屋市民ギャラリー栄 10:00~18:00   最終日は17:00迄




2023.12.4

男子剣道部 
「第10回東海高等学校剣道選抜大会」出場決定!


11月25日(土)、パロマ瑞穂アリーナにて、「令和5年度愛知県高等学校新人体育大会剣道競技団体の部」が開催され、男子が第3位に入賞し、東海高等学校剣道選抜大会への出場を決めました。
本大会は、総参加数122チームの参加で行われた各地区予選を勝ち抜いた28校のトーナメント戦で行われました。その中で、東海選抜大会出場権は、県ベスト8以上に与えられます。
この結果は、チーム力で勝ち取ることができました。
東海選抜大会では、自分たちの力がどれくらい通用するか試すのに絶好の機会です。チーム力で戦ってきますので、応援よろしくお願いいたします。

2023.12.4

女子剣道部
「愛知県高等学校新人体育大会剣道競技個人の部」において、第3位に入賞!


11月18日(日)、天白スポーツセンターにて、「愛知県高等学校新人体育大会剣道競技個人の部」が開催され、齋藤鈴々那(2-1豊橋北部中出身)が第3位に入賞しました。
本大会は、各校から4名が地区予選にエントリーができ、愛知県下各地区で総勢353名がエントリーしました。県大会は、各地区を勝ち上がった48名によるトーナメント戦で行われました。
大会当日は、持ち前の攻撃的な攻めを活かし、勝ち星を重ねることができました。団体戦では悔しい想いをしましたので、総体予選では、今以上にチームを結束し、団体戦で結果を出すために精進します。

2023.11.29

演劇部 
11月25日 秋季公演 鳳翔閣にて、創作劇「ロスト・ファミリーラブ」を上演 
観劇の感想(アンケートより)


11月25日(土曜日)演劇部は秋季公演にて、演劇部員作「ロスト・ファミリーラブ」を上演しました。夏の大会上演作品「見えなくてもみえるまで」に引き続いての創作劇でした。多くの方々に観劇していただき、本当にありがとうございました。部員一同、感謝申し上げます。家族とは、また家族のあり方を問いかけるテーマで、寄せられた感想より、このテーマを伝える大切さをかみしめることができました。

観客の方々の感想
「とても心温まる作品でした。一年生でこんな脚本が書けるなんて、すばらしいと思います。演出も一年生ということで、今後が楽しみです。主人公が電話で本当の母親と会話する場面で、母親が後ろ向きでお話しする演出が、物語のはじめと終わりをつなぐ役割を持ち、良かったです。」

「過去の回想への入り方、伏線の張り方が自然で世界観に呑まれました。すばらしい演劇をありがとうございました。」

「今日は初めて演劇というものを観させていただきました。とても上手くて、心温まる素敵なお話でした。あたたかい心を頂きました。ありがとうございました。」

「キャストの動きが生き生きとしてステージの流れも良かったです。今の社会に必要なことを考えることが出来ました。」

「ひとり一人の声がよく聞き取れて、セリフがよくわかり、劇の流れがよくつかめました。
複雑な家族が増えてくる現代社会で、新しい家族のかたちが生まれているとよく聞きます。人間同士のつながりについて考えさせられるテーマ設定だと思いました。」

「「家族愛」ということを特に意識せず、日々幸せに暮らしていることに、気付かされる作品でした。ありがとうございました。」

「今日の劇の脚本には考えさせられる事がたくさんありました。ボランティアといっても
いろいろあるものですね。でも、とても大変なボランティアをやっていた方に感銘を致し
ました。脚本家さん、とても素晴らしいものでした。また、次回があれば観たいです。」



2023.11.29

写真部
第36回高校生の写真展のご案内


とき:令和5年12月8日(金)~10日(日) 09:30~16:30 
   ※最終日は16:00迄
ところ:豊橋市民文化会館

約200点、14校の写真が集う東三河高校生の写真展。写真部の東三大会です。本校の歴代全国総文作品は、すべてこの写真展から生まれました。迫力の豊川駐屯地訓練、思わず笑顔の豊川稲荷門前町、パワフルな豊川おいでん祭。コロナが明けて活気を撮り戻した豊川、東三河の一瞬を高校生カメラマンが捉えました。是非お越しください。

出品者12人(15作品)
細井煌(音羽)、鈴木琢斗(石巻)、浦野愛理(新城)、安藤野々花(豊川東部)、鈴木杏奈(東郷)
高浜蓮(金屋)、山本大智(御津)、芦沢覚(東栄)小池柊摩(石巻)伊藤可奈(御津) 
竹野陽向子(一宮) 松尾勇輝(青陵)

https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html




2023.11.22

駅伝部 男女アベック出場!! 
第74回・第35回全国高等学校駅伝競走大会
応援ならびに募金のお願い


全国高等学校駅伝競走大会に4年ぶりに男女アベック出場します。男子は10回目・女子は14回目の全国大会出場となります。そこで男女駅伝部に対する応援ならびに募金のお願いをさせていただきます。
是非、現地のスタンドや沿道で一緒に応援してください。また、当日現地に行けない方もTVの前で豊川高校を大きな声で応援してください。
つきましては、12月24日(日)に京都で開催される全国高校駅伝において、男女駅伝部の活躍を願い、応援バスによる現地応援と大会出場に関わる経費、強化支援等を目的として、ご芳志を募ることを計画致しました。
大変恐縮ではございますが、皆様方の絶大なるご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2023.11.22

硬式野球部
38年ぶり2度目の明治神宮大会、初勝利!全国BEST4入り!


11月16日(木)、38年ぶり2度目の出場となる、第54回明治神宮大会に、硬式野球部が、東海地区代表として、出場しました。
緒戦は、四国代表高知高校。9回で勝負がつかず、タイブレークにもつれ込む接戦。最後は劇的なサヨナラ勝ちをしました。明治神宮大会での初勝利を収めることができました。続く、準決勝では、全国制覇の経験もある北信越代表星稜高校を対戦し、敗れました。
全国の強豪と戦い、多くの学びを得た大会でした。




2023.11.21

写真部
「CAPA・鉄道写真・動物写真」トリプル受賞!!


熊坂瑞希さん(音羽中)がCAPA月例フォトコンテストで3席を受賞しました。熊坂さんの作品「エール」は野球部の公式戦の応援の様子を撮影したものです。笑顔溢れるチアリーダーと、後ろで頑張る野球部員の対比の面白さが評価されました。
 赤沼奏空君(吉田方中)は鉄道写真詩コンテスト2023(国土交通省後援)に入賞しました。「エコトラン賞」を獲得した赤沼君の作品「Stand By Me」は碓氷峠の廃線ツアーでのシルエットに詩をつけたものです。作品はさいたま市の鉄道博物館などで巡回展示中。名古屋ではリニア・鉄道館にて12月6日(水)~27日(水)展示されます。是非お越しください。   
また、赤沼君は豊橋総合動植物園を撮影地とした「のんほいフォトアワード2023」で入選し、作品「さすらいジョニー」はスマホで撮影したヤギのユーモラスな様子が評価されました。

https://getnavi.jp/capa/tag/students/



https://ecotran.or.jp/photo/2023/index.html




https://moriagetai.sozo.ac.jp/photoaward/wp-content/uploads/2023/11/award2023.pdf




2023.11.20

演劇部
秋季公演のご案内!


こんにちは。演劇部より秋季公演のご案内です。
来たる11月25日(土)午後2時、鳳翔閣(学校の講堂)にて、豊川高校演劇部員による創作「ロスト ファミリー ラブ」(入場無料 上演約1時間 開場1時30分)を上演します。
家族のあり方をテーマにした、あたたかい作品です。
詳しくは、下記資料(駐車場案内を含む)をご覧ください。
寒くなってきた今日この頃、演劇で暖まりませんか?
みなさまのご来場を、部員一同、心よりお待ちしております。
なお、本校生徒、保護者以外の方については、事前の申し込み制になっておりますので、下記URLかQRコードから申込ください。

https://forms.gle/1xnVzVpcb4Rfc6G58


2023.11.20

陸上競技部
U20オリンピック育成競技者に選出!


下田隼人(3年 豊橋市立牟呂中学校出身)君がU20オリンピック育成競技者に選出されました。
今季400mHにおいて、県総体では24年ぶりに大会記録を更新して51秒39で優勝。
U20陸上競技大会では3位となり始めて全国での表彰台に乗った。
東海総体では51秒29と記録を伸ばし大会新記録で優勝。
そして大一番の全国高校総体。
自己ベストを更新し、 悲願の全国優勝を果たした。
ここでも50秒14は大会新記録となり、県、東海、全国 の大会記録を全て塗り替えた。
そして今回、U20オリンピック育成競技者として指定された下田君は、「謙虚な気持ちを忘れずに、これからも周りの期待や応援に応えられるよう頑張りたい。」と抱負を述べた。
来シーズンの下田の活躍にも目が離せない。

U20オリンピック育成競技者とは・・・・・
「2023年度の国内外での競技実績をもとに、各種目1名〜4名程度選出が行われ、翌年のU20最重要国際大会に向けた早期準備、戦略的派遣の備えのため、及びシニア種目移行に向けた強化・育成が目的」とされている。
今後、U20オリンピック育成競技者が「味の素ナショナルトレーニングセンター」に集まり、合同練習等をしながら、翌年のU20世代の世界大会への準備・強化が行われていく。


2023.11.07

駅伝部
4年ぶり男女アベック全国出場決定!


令和5年度愛知県高等学校駅伝競走大会が11月5日(日)に一宮市大野極楽寺公園にて開催されました。
多くの応援ありがとうございました。
おかげさまで男子は2年ぶり9回目の優勝、女子は2年連続13回目の優勝を果たしました。
この結果により、12月24日(日)に開催される全国高等学校駅伝競走大会へのアベック出場が4年ぶりに叶いました。
都大路では、自分たちらしいレース運びができる様にさらに精進を重ねて参りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

◎男子 優勝 記録2:10:12 県大会優勝9回 全国大会出場10回 全国大会優勝1回
1区 神田悦士 区間2位 30:51
2区 鷲野遥都 区間2位 8:46
3区 相地一夢 区間1位 24:54
4区 佐野鈴太 区間1位 25:05
5区 鈴木駿介 区間1位 8:45
6区 近藤琳太郎 区間3位15:42
7区 杉田晃大 区間4位16:09

◎女子 優勝 記録1:11:38 県大会優勝13回 全国大会出場14回 全国大会優勝4回
1区 秋竹凛音 区間1位 20:02
2区 藤田紅良 区間1位 13:51
3区 小山和月 区間2位 10:12
4区 佐藤優乃花 区間2位 10:18
5区 野村通子 区間1位 17:15




2023.10.31

硬式野球部
創部初!秋季東海大会優勝!


10月29日(日)に行われた、東海大会決勝戦で愛工大名電高校と対戦。
激闘の末、8-7で勝利し、初優勝を飾りました。
この結果を受け、11月15日(水)より始まる、明治神宮大会に東海地区代表として出場することが決まりました。
明治神宮大会への出場は、38年ぶりとなります。
部員一同、この結果は、多くの皆様のお陰と感謝しております。
これからも頑張ります。
引き続き応援よろしくお願いします。

東海大会対戦結果
1回戦 対神村学園伊賀(三重3位) 7-0(7回ゴールド)
2回戦 対岐阜第一高校(岐阜1位) 13-3(5回コールド)
準決勝 対宇治山田商業(三重1位) 6-5(サヨナラ勝ち)
決 勝 対愛工大名電 (愛知1位) 8-7




2023.10.28

男子ソフトボール部
第42回全国高等学校男子ソフトボール選抜大会出場決定!


10月14日(土)・15日(日)豊川市スポーツ公園ソフトボール場にて行われた「令和5年度愛知県高等学校新人体育大会」。
3年連続11回目の優勝!

・準決勝 対 名古屋高  16対0(3回コールド)
・決勝  対 科技高豊田  2対0

この結果を受け、来春3月に山口県宇部市にて開催される「第42回全国高等学校男子ソフトボール選抜大会」への出場権を獲得することができました。
これから厳しい冬をチーム一丸となって乗り越え、山口県の舞台で躍動する姿をお見せします!
今後とも応援の程、宜しくお願い致します。




2023.10.26

茶華道部
新聞掲載の紹介


10月26日(木)の「東日新聞」にて、本校の茶華道部の記事が掲載されました。
現在、全国大会に向けて、稽古に励んでいます。
全国大会では、稽古でやってきたことを発揮できるように、頑張ってきます。
これからも、応援よろしくお願いいたします。

2023.10.25

写真部
第30回日本専門新聞写真コンクールにて「秀作」を受賞!


本校写真部の赤沼奏空君(吉田方中)が第30回日本専門新聞写真コンクールで応募素数1048点の中から上位に送られる「秀作」を受賞しました。
赤沼君の作品「昔日の面影」は長野と群馬の県境の廃線ウォークのトロッコを写したものです。
コンクールは日本専門新聞協会が主催し、文化庁が後援するもので、第76回新聞週間「日本専門新聞大会フェスティバル」が帝国ホテルで行われました。
会場には高市早苗経済安全保障担当大臣、加藤信勝元官房長官など、政界そして財界からも来賓がお越しになりフェスティバルは盛況でした。

関連URL

http://www.senmonshinbun.or.jp/tokuhou/tokuhou_r5.pdf

https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html




2023.10.23

空手道部
第45回東海高等学校空手道選手権大会出場決定!(11月18.19日開催)


10月21日(土)、22日(日)ARCO清州にて行われました、愛知県高等学校新人体育大会空手道競技において

2年4組大門優太(二川中出身)が重量級にて準優勝。

2年8組鈴木康太(豊川西部中出身)が軽量級にて東海出場決定戦を制し第3位。

2名が東海選手権大会出場を決めました。
チーム一丸となり、確実に次に繋がる成果を得ることができました。
東海大会でもさらなる飛躍を目指し精進してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


2023.10.23

書道部
豊橋まつりで開催された「HONOKUNIフェス」に参加


10月21日(土)豊橋まつりで開催されましたHONOKUNIフェスに参加しました。
今回は、1時間の企画として依頼を受け、MCを石原恵実花さんが勤め、最初にフェスのテーマである「想う」の揮毫パフォーマンスを部長の加藤優空さん、安田乃愛さんで書き上げました。
その後、美術部の皆さんと共作した書道パフォーマンスを披露し、最後に書道体験企画として当日会場にいらした方々と一緒に作品を作り上げました。
書道部として初めての試みも多く、大変実りのある一日となりました。




2023.10.20

和太鼓部
「ラグフェス文化祭」の参加のお知らせ


10月29日(日)、蒲郡ラグーナフェスティバルマーケットにて、「ラグフェス文化祭」が開催されます。
本校和太鼓部が、14時から参加します。
お時間のある方は、ぜひご覧ください。

2023.10.20

吹奏楽部
第36回全日本マーチングコンテスト出場決定!


10月14日(土)長野ビッグハットで行われた「第37回東海マーチングコンテスト」において3位金賞受賞!
これにより、11月19日(日)大阪城ホールで行われる「第36回全日本マーチングコンテスト 高等学校以上パレードコンテスト部門」に出場が決定しました!
悲願であった全国大会出場!
支部代表の自覚を持ち頑張って参ります!

2023.10.11

書道部
第3回全国高等学校書道パフォーマンスグランプリ東海大会 第3位!


第3回全国高等学校書道パフォーマンスグランプリ東海大会がイオンモール豊川で開催され、3位に入賞することができました。
会場まで足を運んで応援くださった皆様の期待に応えることができて嬉しいです。




2023.10.11

男子バスケットボール部
第10回3x3U18日本選手権愛知県予選大会 準優勝


10/7(土)に行われた大会で準優勝を果たしました。
怪我や体調不良が続く中、サブメンバーが踏ん張り勝ち上がりました。
惜しくも中日本大会は逃しましたが、堂々の準優勝です。


2023.10.3

硬式野球部
第76回愛知県高等学校野球選手権大会準優勝!


9月23日(土)準々決勝 対東邦高校  3‐1勝利
9月30日(土)準決勝  対小牧南高校 12‐8勝利
10月1日(日)決勝   対愛工大名電高校 1‐7

決勝では、愛工大名電に不覚を取りましたが、みごと県大会準優勝で、4年ぶりの9回目の東海大会出場を決めました。
東海大会は、10月21日(土)岐阜長良川球場で行われます。
10年ぶりの春の選抜甲子園に向けて、全校で応援していきましょう!




2023.9.20

写真部 
CAPAフォトコン 連続16回連続入賞更新中!


写真の全国誌CAPA10月号月例フォトコンテストにて、中野龍君(御津中)が入選しました。
中野君の作品「無」は校内撮影会で部員たちの「無表情」を得意の粗い硬質な写真で表現しました。
本校写真部は当フォトコンにおいて2022年7月号より連続16回入賞し「日本記録」を更新しています。


https://getnavi.jp/capa/tag/students/


https://toyokawa.ed.jp/club/photograph.html



2023.9.19

吹奏楽部
第35回愛知県マーチング大会 
最優秀賞(愛知県教育委員会賞・朝日新聞社賞)受賞!


9月18日(月祝)日本ガイシホールで行われた第35回愛知県マーチング大会において最優秀賞を受賞することができました。
創部初の快挙に部員一同、感激いたしました!
この結果によって、東海大会への出場が決定しました。
この勢いで、10月14日(土)長野ビッグハットで行われる東海大会も突破できるよう頑張ります!
これからも応援のほどよろしくお願いいたします!

CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい

0533-86-4121

〒442-0029

愛知県豊川市末広通1丁目37番地

TEL.0533-86-4121 / FAX.0533-84-0145

資料請求・お問い合わせ

アクセス

Copyright (c) TOYOKAWA HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.